チェンマイよりみちの記録

タイ・チェンマイに寄り道する人生を選択した個人の記録です。私、ヨリミチ(仮名)が日本やタイからお届けします。

チェンマイで浸水箇所が多数発生

今日はオットが『雨がずっとやみません』というメッセージを送ってきたのだけど、チェンマイを縦断するように流れているピン川の上流の地域はもっとひどい雨が続いているようで、ついにピン川が越水する事態になっているところもちらほら。

ピン川の西側に位置するナイトバザールやその周辺の通りには結構な深さまで水が流れ込んでしまったとのことで、 SNS やテレビのニュースでは画像や映像が多数アップされている。

市内からは何十キロか離れているけれどピン川からの用水路が家の目の前というオットの2番目のお姉さんの家も道路と用水路の境目がわからなくなってしまった感じで、事故回避のために目印の棒を立てている。

幸いなことにオットが住む家は土地が高いわけではないのだけど浸水被害はなく、家のすぐ近くのゲート(ガードマンがいるところ)が水浸しになっただけ(だけ?!)だということ。

オットの家からピン川まではほぼ直線の道路を約2キロ。その道路と川が交わったところには市場が立つ。


(パイナップルを買いに行ったときの画像なので他のお店が写っていない・・・)
オットは昨日、食料の調達にその市場に行ったのだけど、かなり水面が高くなっていて『(水が)もうすぐ橋に付きそう』というようなことを言っていた。市場にはその橋を渡らないと入れない位置関係なのでオットは橋を渡ったはずなのだけど、ヨリミチはタイの建造物をあまり信頼していない。なので天気が良くてもできるだけ橋は渡りたくないし、渡るとしてもさっさと通過したい。
それなのに増水している川に架かっている橋をオットはのんびり渡ったと思われ、そんな危険なことはしてほしくない。なので今日は強い口調で『危ないから橋を渡らないで下さいっ!』と言ってしまった。

自然災害が多い国に生まれ育った身としては、危ない場所には近付かないのは常識だけれど、地震で恐い思いをしたことがないとか水の怖さの想像が充分ではない人にはとにかく口を酸っぱくして注意喚起をするしかないのだけど・・・
どこまでオットが危険を理解しているのかはわからない。
まあ、川までは2キロ離れているので川で何かが起こっても興味本意で見に行くということはないだろう。けど、『行ってないよね?』という確認は必要かもしれない・・・。

決まってからは早かった

先日投稿した『2020年3月搭乗予定だったものがキャンセルになった未使用分の返金』について、先週月曜日の時点では『経理処理後、ご指定の口座に振り込みますので今しばらくお待ちください』という状態だった。

↓(返金が決まった話)

https://c-m-yorimichi.hatenablog.com/entry/2022/09/25/235958

こうなるまでに2年半。
相手にしつこいと思われようが、返金はあるのですか、いつまで待てば良いのですか、どのような進捗状態ですか、などなど数ヶ月おきにメッセージを送っていたストレスを考えれば『返金します』というところまで漕ぎ着けたので漸く肩の荷が降りたというか、大袈裟な言い方をすれば解放されたような気分になった。

もともと格安航空券の部類なので、何が何でも取り返したいというよりは『返ってくる分があるなら受け取りたい』くらいのものだった。
が、エージェントからの返事はいつも『お待ち下さい』ばかりで、例えば『弊社の経費と相殺すると返金額は2500円です』くらいの対応でもまあいいかな、とは思っていた。だけどあまりにも結論を出さないので、もしかしてこちらが諦めるのを待っているのかしらと思ったりもした。
そうではなくても、ヨリミチと同じような境遇(コロナによるフライトキャンセル)に遭った人は他にもいると思うし、実際エージェントは『そのようなお客様には順番に調査し~云々』という文面を送ってきたこともあるので複数の返金作業をしたとは思うのだけど、最初から返金請求をしなかった人もいたのではないかと思う。
それとか、この2年半の間に残念ながら亡くなったとか病気や怪我で本人が返金依頼をできない状況になってしまった人もいるかもしれない。


そういうことを考えてしまうと、このエージェントはよく『海外航空券2000円オフ』というキャンペーンをしていてヨリミチにもメルマガだとか LINE だとかでその情報が届いていたのだけどそれを目にするたびに『そのキャンペーンの予算を使って返金してくれてもいいのに~っ!』と思っていた。
なのでそろそろそういう内容のメッセージをエージェントに送ってしまおうかと思っていたのだけど、そんな矢先に『返金します』というメッセージが届いたのだ。

タイミングが良いと言うのか、何と言うのか。

ここまで2年半かかったので、実際の振り込みは翌月(10月)中にあればいいな、と思っていたら、9月30日に振り込まれた。

これで予約してから丸3年で一区切り、ということになった。
相変わらず2000円オフを謳い文句にしている広告はたびたび届くのだけど、この先ヨリミチがこのエージェントを使うかどうかはわからない。

今後は往復で予約するよりも、片道ずつ予約するかもしれないし・・・。

それにしても航空券の値上がりが激しくて頭が痛い。

母のスマホ × AEONアプリ

母が言うには、今まで使えていたはずのダイエーのアプリが使えなくなってしまって、その代わり(?)チラシを渡されたというのだ。

そもそも母の場合、ダイエーのアプリだってシステムを理解した上でスマホに入れたわけではなく、もともとは紙のポイントカードを使っていて、そこからダイエーの都合でプラスチックのカードになり、そしてガラケーからスマホに機種変更したらアプリを入れさせられ、のような流れだったので本人はただその流れに巻き込まれているだけなのだ。

ヨリミチはダイエーやAEONにはあまり行かないのでレジの様子やポイントや割り引きのシステムがわからないのだけど、とにかく母がそれを使えるように iAEON のアプリを母のスマホに入れて、必要な項目を入力しておかないと次に母がダイエーに行ったときにレジでマゴマゴしてしまう。

一旦は『私はダイエーのことは分からないからレジとかカウンターの人に聞いたら?』と言ってみたのだけど、アプリにはパスワードや西暦の生年月日を登録しなくてはならず、それを見知らぬ人に手伝ってもらうのもあまりよろしくないかな、と思ったのと、母はスマホ画面の細かい文字はハズキルーペを使って読んでいるのだけど、さすがにダイエーに行くときのバッグにはハズキルーペを入れていないので現場で登録するのは厳しいだろうということで、ヨリミチが登録することにした。


母は事態を理解できないままでチラシを持って来たので、それまでに貯まった WAON ポイントは引き続き使えるのか、新旧のアプリを連携させるのか、そのへんのこともわからなかったのだけど、iAEON アプリの会員登録→支払い情報のところで『WAON ポイントカード』を選択してポイントカードの会員番号とセキュリティーコードを入れるとポイント情報が引き継がれる。

母はダイエー(イオンフードスタイル)での支払いは現金なので、操作はここまで。
今までのダイエーのアプリからも iAEON のマークをタップすれば新たなアプリに飛べるので、ポイントカードのコードが表示される。

一応画面を見せながら母にはコードを出すところまでやってもらったけど、実際に支払うときにきちんとできるかは・・・ナゾ。

アプリにはお得なクーポンも表示されていたりするのだけど、母がそれを自力で使える日は来るのだろうか。
高齢者にはもっと優しい仕組みが必要なような気がする・・・。

オットの断捨離

オットを断捨離、ではない。
オットが断捨離をしている話。

コロナ不況沼から抜け出せないオットには時間は余るほどある。
ただ時間があるだけだったらオットの性格上落ち込むだけで、何事にもやる気をなくしていたかもしれない。
しかし運の良いことに、コロナ禍前にジョギング用のウェアやシューズ、帽子などを大量に買っていたオットは趣味のジョギングで汗を流し、かなり身体を絞った。
そのおかげで5~6年前に着ていた服はことごとく身体に合わなくなり、タンスの肥やしになっていた。

コロナ禍でヨリミチが日本に退避したため独居になったオットはあまり真面目に室内の掃除をしていなかったのだけど、さすがに全体的に薄汚れてきたのが気になったようで、今月は気の向くままにちょこちょこと念入りな掃除をしていた。そして部屋がきれいになったら戸棚や引き出しの中にしまいこんである大昔からの書類も整理しようというスイッチが入ったらしく、家電で保証期間が過ぎたものの取説とか銀行からの書類で既に用件の片付いたものとか、仕事関連の不要になった書類とか、そういうものも仕分けをしたとのこと。

↑奥に写っている棚の中や上が書類でいっぱいになっている。

オットの家にシュレッダーはないので手紙などは手で千切ったり鋏で切ったりするのだけど、それでは不安なものは2番目のお姉さんの家に行って燃やさせてもらう。

そういう紙類がまとまったので、それと一緒にブカブカになった服も持って行って、お姉さんの家族に着てもらうなりお姉さんの友達に譲ってもらうなり、処分はお任せすることにした。

お姉さんは自宅で採れたバナナやパパイヤなどをときどき道端のスペースを借りてそこで売っているので、その台にオットが着ていた服も並べられるのだろう。
そのへんは男性よりも女性のほうが逞しいというのか、へんなプライドがないというのか、『ほしい人は買って下さいね~』くらいのスタンスで商売ができる。
が、オットは『恥ずかしくてそんなことできない』というようなことを言っている。それは貧乏だと思われたくなくてできないのか、それとも人見知りのような『恥ずかしい』という感情でできないのかわからない。というか、訊いたことはない。
私だったら自分の不要品が誰かの家で役に立って、更にお金も手に入るのだから喜んでやってしまうけどなぁ。と言ってもチェンマイでそれをするとなると言葉の問題があるのでオットかお姉さんに助けてもらう必要があるのだけど。

で、オットが持って行く服はズボンが少なくとも5~6本、シャツが10枚くらい、その他にも日用品というか雑貨のような物も持って行くと思う。
それらは袋に入れてバイクのステップに置いたりフックに掛けたりして、書類は座面下の収納に入れる。

このバイクは勢いで買ってしまったようなところもあるのだけど、荷物をたくさん運べるので買って正解だった。

財布を探す

ヨリミチが日常的に使っている財布は、もしかしたらそろそろ20年手元にあるのかもしれない。

購入したシチュエーションを思い出してみると、2002年には買っていないような気がするが2003年に買ったかもしれない。遅くても2004年には使っていたような気がするので2003年に買ったというのが濃厚。

その前に使っていた財布は10年くらい使ったので、物持ちという面では悪くないかな、という感じ。


その10年使った財布も気に入って買って使っていたのでなるべく傷がつかないように気を付けていたし、10年間バッグに入れて行動を共にしていたわりにはダメージは少なかった。
なので買い換えどきというわけではなかったのだけど、ある日の外出先でたまたま見た財布に一目惚れしてしまってその場では買わなかったのだけど、どうにも頭から離れなかったので後日その財布のためだけに再度お店に足を運び購入したのだ。


この財布はフチにぐるりと細いパイピングがしてあって、それのおかげで長持ちするかも!と思ったのも購入に至った理由なのだけど、それにしても20年とは我ながら驚いた。
真ん中の長~いヒモも結構気に入っていて、これは飾りではあるのだけどこれもこれで本体を守るのに役立っていたのかも。
中は小銭入れ部分も札入れ部分も仕切りがあって2室になっているので使い勝手が良い。

しかしタイで過ごす時間がそれなりに長くなるとバーツのお金や何枚かのカードを入れておく財布が必要になり、今まで2つ試してみた。
1つ目はたしかネットショップで買った2つ折りの財布で、合皮製の可愛らしいデザインの物。安かったせいか素材が厚すぎてちょっと硬く、使い勝手があまり良くなかった。なので2代目を用意して、そのポップな財布はフリマで売ってしまった。
2代目の物は今よくある『付録付き雑誌』の物で、L字にファスナーが付いている長財布。

長財布なので厚みがなく、内部の小銭入れスペースは中を見やすくて良いのだけど、付録だからかフチがカーブしているところの端が剥がれてきた。そこの始末が縫製ではなく接着というのが敗因かもしれないが、そこは付録なので文句は言えない。

この長財布は3~4年使っているが、自分が使っているバッグの大きさを考えると『長財布じゃなくていいかな』という気がして、何か良い物を探していた。

会社勤めをしていた頃は財布と靴は本革から探したものだけど、時代や生活スタイルが変わり、化学繊維の品質もかなり向上したので水に濡れたときの手入れなどはナイロンなどのほうがラクだし、それに軽くて便利になった。
なので今回の財布探しでは革『じゃないもの』を選びたかった。
それと、スマホを使うようになってからキャッシュカードが磁気不良になることが何度かあったので、それを回避できるような仕組みのあるもの。
で、なるべく軽くて薄くて嵩張らなくて・・・などと、どこまで達成できるかわからないけれどいろいろな条件を挙げてみて、革『じゃないもの』だったら3000円でお釣りが来たら嬉しいな~、と思っていた。
そんな感じで楽天市場で検索していたら、案外革財布でもそのくらいの値段の物はあるもので、そうなると革『じゃないもの』を探すほうが難しくなってきた。
こうなったら革財布を試してみようかな、という方に心が傾きつつあったのだけど、そんなときに別件で au のショッピングサイトを見てみたら、岡山デニムの財布が視界に飛び込んできた。

デニム素材は考えたことはなかったけれど、岡山デニムとか倉敷デニムと言われる物には興味があって、何かを手に入れたいとは思っていた。それは衣服か鞄になるだろうと漠然と思っていたのだけど、財布!
いいかもしれない・・・。

実は革『じゃないもの』を探していたのは革だと使っているうちに色落ち(変色)するのがイヤだったから、という理由もある。
でもデニムだったら色落ちもデザインとして良い味が出るかもしれない。

というわけで、楽天市場で同じ物を検索してみたら、ありましたありました。

予算はちょっとオーバーするけれど、憧れの岡山デニム。

もう少し時間をかけて吟味して、ひとつ買ってしまうかも。

ヨリミチではなかった

今日は特に何もなく、ブログにはどんなことを書こうかなぁ、なんて思っていたらオットから LINE メッセージが届いた。
画像も2枚送られてきていて、私は返事を求められているのだけどイマイチ状況というかオットが言わんとしていることが解らなかったので電話をかけた。

それでわかったのは、オットはズボンのゴムが弛くなってしまったので新しいゴムを入れようとして平ゴムを手にしたらゴムの先が綴じてあって針金を差し込めるようになっていたということ。
なので、ズボンにゴムを通し終わったらまた同じようにしておいたほうが良いの?
というのがオットがヨリミチに聞きたかったこと。

しかしそれをしたのはヨリミチではない。
オットが聞いてくるということは、オットがやったわけでもない。
・・・じゃあ、誰が?

結局それはわからなかったのだけど、オットの2番目のお姉さんだろうな、というのは想像できる。
けど、もしもお姉さんがやったのではなかったら、誰?
オバケか泥棒が来たのか?!

なのでゴムを入れ終わったらどうするかということについて指示はできなかったのだけど、ズボラなヨリミチとしての最適解は『ズボンにゴムを通して針金部分が穴から出てきたら、もっとずーーーっとゴムを引っ張って反対側の端から必要な長さのところでゴムを切る。そうすれば針金を差し込んであるところは無傷で残って次も使えます。』ということ。
残ったゴムを厚紙に巻き取る手間はあるけれど、あの先端を再現することを考えればゴムを巻くほうがラク

それを提案したらオットも『そうだね!』ということになって当初の質問は解決。

で、オットが言うには細工をしてあるゴムを見付けたときに『ヨリミチさんがチェンマイを去る前に僕のために準備してくれたんだ』と思って感謝と感動と淋しさで胸が締め付けられたような気分になり、泣きそうになったらしいのだけど、『ヨリミチではない』という真実を知ってしまって感動の涙も引っ込んでしまったと。

しかも横着する方法まで吹き込まれて、感動が笑いに変わってしまった。


これはこれで良かった、ということにしておく。

寝たいけど寝ないで読む

昨日と今日は頭も身体もフル回転の作業で疲れていると言えば疲れているのだけど、このまま寝ると脳が興奮していて睡眠が残念な質になりそうなので、これから少しゆっくりすることに決定。

こんな本を読んで。


本と言っても中身は漫画でストーリーが進む。


楽しみ♪︎

 

(楽天のリンクははてはブログのシステムの都合で本来されるべき表示がされないらしい。)

<table border="0" cellpadding="0" cellspacing="0"><tr><td><div style="border:1px solid #95a5a6;border-radius:.75rem;background-color:#FFFFFF;width:280px;margin:0px;padding:5px;text-align:center;overflow:hidden;"><table><tr><td style="width:128px"><a href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17545466.c224e64b.17545467.3ea25023/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16553874%2F&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIxMjh4MTI4IiwibmFtIjoxLCJuYW1wIjoicmlnaHQiLCJjb20iOjEsImNvbXAiOiJkb3duIiwicHJpY2UiOjEsImJvciI6MSwiY29sIjoxLCJiYnRuIjoxLCJwcm9kIjowLCJhbXAiOmZhbHNlfQ%3D%3D" target="_blank" rel="nofollow sponsored noopener" style="word-wrap:break-word;"  ><img src="https://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/17545466.c224e64b.17545467.3ea25023/?me_id=1213310&item_id=20209103&pc=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fbook%2Fcabinet%2F0848%2F9784046800848.jpg%3F_ex%3D128x128&s=128x128&t=picttext" border="0" style="margin:2px" alt="[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]" title="[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]"></a></td><td style="vertical-align:top;width:136px;"><p style="font-size:12px;line-height:1.4em;text-align:left;margin:0px;padding:2px 6px;word-wrap:break-word"><a href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17545466.c224e64b.17545467.3ea25023/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16553874%2F&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIxMjh4MTI4IiwibmFtIjoxLCJuYW1wIjoicmlnaHQiLCJjb20iOjEsImNvbXAiOiJkb3duIiwicHJpY2UiOjEsImJvciI6MSwiY29sIjoxLCJiYnRuIjoxLCJwcm9kIjowLCJhbXAiOmZhbHNlfQ%3D%3D" target="_blank" rel="nofollow sponsored noopener" style="word-wrap:break-word;"  >眠れぬ夜はケーキを焼いて(1) [ 午後 ]</a><br><span >価格:1265円(税込、送料無料)</span> <span style="color:#BBB">(2022/9/27時点)</span></p></td></tr></table></div><br><p style="color:#000000;font-size:12px;line-height:1.4em;margin:5px;word-wrap:break-word"></p></td></tr></table>
<table border="0" cellpadding="0" cellspacing="0"><tr><td><div style="border:1px solid #95a5a6;border-radius:.75rem;background-color:#FFFFFF;width:280px;margin:0px;padding:5px;text-align:center;overflow:hidden;"><table><tr><td style="width:128px"><a href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17545466.c224e64b.17545467.3ea25023/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16879114%2F&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIxMjh4MTI4IiwibmFtIjoxLCJuYW1wIjoicmlnaHQiLCJjb20iOjEsImNvbXAiOiJkb3duIiwicHJpY2UiOjEsImJvciI6MSwiY29sIjoxLCJiYnRuIjoxLCJwcm9kIjowLCJhbXAiOmZhbHNlfQ%3D%3D" target="_blank" rel="nofollow sponsored noopener" style="word-wrap:break-word;"  ><img src="https://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/17545466.c224e64b.17545467.3ea25023/?me_id=1213310&item_id=20462961&pc=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fbook%2Fcabinet%2F5980%2F9784046805980_2_2.jpg%3F_ex%3D128x128&s=128x128&t=picttext" border="0" style="margin:2px" alt="[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]" title="[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]"></a></td><td style="vertical-align:top;width:136px;"><p style="font-size:12px;line-height:1.4em;text-align:left;margin:0px;padding:2px 6px;word-wrap:break-word"><a href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17545466.c224e64b.17545467.3ea25023/?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F16879114%2F&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIxMjh4MTI4IiwibmFtIjoxLCJuYW1wIjoicmlnaHQiLCJjb20iOjEsImNvbXAiOiJkb3duIiwicHJpY2UiOjEsImJvciI6MSwiY29sIjoxLCJiYnRuIjoxLCJwcm9kIjowLCJhbXAiOmZhbHNlfQ%3D%3D" target="_blank" rel="nofollow sponsored noopener" style="word-wrap:break-word;"  >眠れぬ夜はケーキを焼いて2 [ 午後 ]</a><br><span >価格:1265円(税込、送料無料)</span> <span style="color:#BBB">(2022/9/27時点)</span></p></td></tr></table></div><br><p style="color:#000000;font-size:12px;line-height:1.4em;margin:5px;word-wrap:break-word"></p></td></tr></table>

PVアクセスランキング にほんブログ村