チェンマイよりみちの記録

どういうわけかタイ・チェンマイに寄り道する人生になりつつある個人の記録です

秘密にするべきかどうか、の後日談

オットがお姉さんにGPSアプリを教えた数日後。
オットは義兄と電話をしたらしい。どちらから電話をしたのかはわからないけど。
すると義兄はお姉さんがGPSアプリの存在を知っているということをどういう手段かで知って、なんだかとても機嫌が悪かったのだとか。

オットもつまらないことで興奮して私に話すものだから、オットがお姉さんにGPSを教えたことを義兄が知って、義兄はオットにもお姉さんにも腹を立てているのか、それともお姉さんが自分(義兄)の知らないうちにGPSを知ったことだけに腹を立てているのか、お姉さんが勝手に(?!)GPSで自分の居場所を探るのが煙たくて嫌なのか、全然伝わってこなかった。タイ人って本当にこういうところが子供だよな、と思う。興奮するのは勝手だけど、ちゃんと伝わるように話してよ、って感じ。

結局、義兄はお姉さんがGPSを知っていることに腹を立てていることは確かなのだけど、自分が今の車を契約したときにGPSの存在を説明されただろうし、契約時にGPSが存在していなかったとしても、GPSサービスができた時点で『あなたの車は国家が管理する車両なのでアプリで追跡可能です』というお知らせがあるはず。
そうなったら自分の家族だろうが他人だろうが、ナンバーを入れさえすれば居場所が曝されるのは受け入れなければならないこと。追跡されたくなければその車を解約して、自家用車を購入して仕事をすればいいだけの話。
それなのに今頃どうして自分の妻に対して腹を立てているのか、まったくもって意味不明。
義兄は何か後ろめたいことをしているのか、それともこれからするつもりだったのか・・・?

秘密にするべきかどうか

私が思うに、オットは機械音痴で、何年も前から使っているiPhoneを使いこなせていない。まあそれは仕方ないとして、ネット検索やSNS投稿などもするにはするが生活や知識を豊かにするレベルではない。
タイはスマートフォン所有率がかなり高いが、オットに限らず大多数がこういう感じなのかもしれない。

それで先日、オットは仕事仲間から『タイの商用車(という言い方が近いと思う)は国が管理するGPSのアプリで瞬時に居場所がわかる』というのを聞いてきた。
オットの義兄はまさにそういう車で仕事をしていて、その日は一緒に昼ごはんを食べる約束をしていたのだけど急に仕事が入ったということで私たちはぽっかりと時間が空いてしまったのだ。

で、オットが心配したのは、自分の姉がそのGPSアプリを知っているかどうかということだった。知らなかったら教えるべきか、黙っておくべきか。
私はGPSアプリを知っていれば仕事中に事故や何かで家族がその場所に行く必要が出てきた場合に便利だから教えるべきだと思ったし、もしかしたら既に知っているかもしれないとも思ったのだけど、オットは違った。
お姉さんはきっとそのアプリを知らないし、もしも義兄が浮気をしていて仕事だと偽って外出していたとしたら、それを姉が知ったら姉は首を吊ってしまうと言い出した。
私としては、夫の浮気を知ってすぐに自殺をするなんてことはまずないと思うし、自殺より先に喧嘩でしょ、と思うのだけど、そこは百歩譲るとして、仮にお姉さんが自殺してしまったら、あなたが『僕がGPSアプリをお姉さんに教えたのが間違いだったんだ』なんて考えに至ってあなたも自殺することになるかもよ?と言ってみた。
するとオットは少し考えて、『それじゃあお姉さんとお義兄さんが一緒にいるときに教えてあげよう♪』と言って、にこにこしていた。

その直後、オットがそのアプリに義兄の車のナンバーを入れてみると、チェンマイ北部の郊外で停車中ということがわかった。(停車中なのか移動中なのかも判別できる。)きっと昼ごはんを食べているのだろう、ということでオットは義兄に電話。まだ新年の挨拶をしていなかったので、その名目で。しばらく話をして電話を切ったが、義兄はやはりGPSが示した場所にいて、仕事中だとのこと。
よかった、浮気じゃなくて。

その2~3日後。
オットはお姉さんと会う用事があって、私も一緒にいたのだけど、悪びれもせずGPSアプリのことを話題にしていた。あれ?義兄がお姉さんと一緒にいるときに話すんじゃなかったの?

口が固い人も一定数いるとは思うが、タイ人は噂話が好きだし何事にもかなりオープン。日本で幼稚園児が『いいこと考えた!』とか『これは内緒の話なんだけどね、』と言いながらペラペラ喋っているのとそう変わりはないような。

でも私は知っている。
オットが私に話していない『3番目のお姉さんが焼いたお節介の話』を。
でもオットが敢えて秘密にしているのか、私にはそれほど関係ないから喋らないでいるうちに忘れてしまったのかはわからないけど。

『楽しい』を知らなかった

オットの3番目のお姉さんは長年日本に住んでいて、若い頃は日本人と結婚していたり(それで永住ビザを持っているようだ)、離婚してからも自分のお店を持ったりして、今ではタイにいる時間よりも日本にいる時間のほうが長い。
なので日本語の会話はそこそこできるのだけど、学問・勉強についてはさっぱりで、日本語の読み書きはできない。文字が逆さまになっていても横向きになっていても気づかないくらい。
商売の努力は認めるし、耳からインプットしたことを口からアウトプットするのはわたしには真似できない才能だと思っている。

基本的に単身で(→というのは交際相手がいたりいなかったり、な人なので)日本で生活するにはそれなりの語彙力がないとやっていけないと思うのだけど、先日一緒に買い物に行ったときのこと。
わたしが『このお店は見ているだけでも楽しいよね』と言ったら、お姉さんはオットに『タノシイって何?』と聞いた。オットは『タノシイสนุก(タノシイ=楽しい、だよ)』と答えていた。

日本で長年暮らしていて、自分の国の言葉で『楽しい』と思うことはあったかもしれない。でも日本語の『楽しい』を知らないということは、仕事であれプライベートであれ、日本語で過ごしている時間の中で『楽しいね』と言われた発したりしたことがなかったのかな(少なくとも発したことはないはず)・・・と、ちょっと可哀想に思えてしまった。

チェンマイの家の水道事情

f:id:c-m-yorimichi:20200115013311j:plain

先日、バンコクでは乾期の水不足のため(だと思う)に海水を浄水場に送って処理し、水道水として使用したら、水道水がかすかにしょっぱくなってしまった、というニュースがあった。
ニュースでは『しょっぱいこと』にフォーカスされていたようだけど、それよりも塩気が残ってしまうっていうのは浄水機能としてどうなの?という気もするし、そういう水を消費者に送水することがインフラの故障につながるとか、家庭の蛇口や排水設備が錆びてしまうとか、そういう心配はしないの?と思った。

そんなニュースをテレビで見た直前に、実は家の洗面所の蛇口からイトミミズっぽいモノが出てきた。
今、家の水道は水を強く出したり2階のトイレを流したりすると、その後は1階の蛇口から泥や細かい砂利のようなものが混じって出てくる(家庭での要因がなくても何らかの外的要因の場合もある)ので、また小石でも出てきたのかと思ったら、なんか動きがある。
・・・って、生きてるのーーーっ?!
そのときは小さな洗面器に水を溜めてちょっと掃除をしようとしていたときだったので気がついたけど、ひょっとしてそれまで気づかれなかった個体もいるってこと・・・?!

うーーーん、生きているっていうことは、水道水は消毒が不充分なの?
それともオーガニックの野菜と同じように考えれば、生き物がちゃんと生きているから安全なの?
タイの政府の発表では『水道水は飲めます』ってことなんだけど(←実際に飲んで生活している人はまずいないと思うけど)、この生き物を飲んじゃっていいの?!
そもそも、この生き物、どこから水道管に入ってきたの~~~っ???
そもそも水道管って、地中のモノが入る隙間あっていいの~~~っ?!

オットは、数ヶ月前に地区の給水塔の塗装工事をしたから水道は大丈夫♪なんて言っていたけど、大事なのは見た目じゃなくて機能だと思うの・・・。

下水から虫が上がってくるなら家庭での掃除や消毒が行き届いていなかったとかで起こることもあるだろうし、それなら行動を改めることでどうにかなるかもしれないけど、水道の蛇口から出てくるモノに対してはどうしたらいいのよー。
どうにかしてよ、タイランドの偉い人。

普段だって、蛇口から濁った水が出たときは暫く水を出しっぱなしにして泥が収まるのを見届けているわけだけど、その水道代だって消費者持ちだし。本当にどうにかしてほしいわ。

ポイントサイト - moppy

毎月恒例のテーマ、お気に入りのポイントサイト『moppy』について。

先月はmoppy経由でネットショッピングをしたという話。忘れた頃にポイント付与されるのは喜びが大きいような・・・?!
そして今月、まさに忘れた頃に大きなポイントが入ってきた。いつぞやに『Surprice』というサイトを利用した分。
そろそろ500ポイントに届くから、今月中か遅くとも来月にはポイント交換できるな、なんて思っていたら、所有ポイントがいきなり1200以上になっていた。履歴を確認したら792ポイントが入っていた。これはまさに忘れた頃にやって来たポイントで、サプライズ。でもサイト名は『サプライス』。

Surpriceでは海外航空券を買ったのだけど、moppyのポイント履歴はスマホでは6ヵ月しか遡れない。航空券購入のポイント還元は条件が厳しかったりときどきルールが変わったりするので果たしてこれがいつの購入分だか、記憶も定かではない。
でもいいのだ、購入時に想定していたモノがやって来たはずなのだから。

ここ数年は、ポイントサイトが閉鎖してしまったり、還元率や取得可能ポイントが低くなっているサイトが多く、残念ながらmoppyも日々の取得可能ポイントが微減という状態。
だけどmoppyは提携サイトのサービス利用で獲得できるポイントがキャンペーン等で突然アップしていることがあるので、それを活用できれば微減の分を取り戻せて、それどころかそれ以上のポイントもゲットできる。なのでときどきチェックして買い物の計画を立てている。

以前も述べたが、moppy(モッピー)は1ポイントがイコール1円というところが実にわかりやすいので管理がラク
私の場合、500ポイント貯まったらPexに移行させて、他のサイトから集約したものとまとめて銀行口座に振り込む。

そんなモッピーはこちら。↓↓↓


☆ ★ ☆ お小遣いサイト モッピー ☆ ★ ☆ 



累計700万人が利用しているポイントサイト!



★タダでお小遣いが貯められるコンテンツが充実★

貯めたポイントはAmazonギフトやiTunesギフト、

Webmoney、現金等に交換できちゃう♪



なんと、モッピーを通じて

\月間50万円以上/ 獲得している方も♪





▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼

モッピー!お金がたまるポイントサイト





登録が完了したら、メールが届くよ!

メール内記載のURLにアクセスしてみよう♪



あなたにオススメの広告が表示されるよ!

表示されただけでなんと、10ポイントGET♪



他にもアプリダウンロードや無料会員登録をするだけで

どんどんポイントが貯まっちゃいます!!



さらにあなたのタイプに合わせてお小遣いを貯めよう♪



▼▼▼ 遊びながらで貯めたい方必見 ▼▼▼



\完全無料/毎日見るだけ♪遊ぶだけ♪

PCでもスマートフォンでも参加OK!

タダでお小遣いが貯められるコンテンツが充実!



▼▼▼ ショッピングで貯めたい方必見 ▼▼▼



\ショッピングページがリニューアルOPEN/



ネットショッピングするだけでポイント貯まる♪

最大50%OFF!人気のショップも充実!

今だけ限定キャンペーンも実施中★



▼ 簡単1分 無料会員登録はこちらから ▼

モッピー!お金がたまるポイントサイト





★★ 貯めたポイントを交換しよう ★★



モッピーは1P=1円であらゆる交換先に対応!



貯めたポイントは

現金や電子マネー、ギフト券に交換できちゃうよ♪



【現金】

全ての金融機関を取り扱っています!



電子マネー

nanacoポイント、楽天EdyWebMoneyWAONポイント



【ギフト券】

iTunesギフトコード、Amazonギフト券Vプリカなどなど




▼ さあ!今すぐお小遣い貯めちゃおう ▼

モッピー!お金がたまるポイントサイト

タイの政府はレジ袋廃止を推奨しているが・・・

タイでは2020年になったと同時にレジ袋を廃止する商店が多く、セブンイレブンでも通常の買い物では会計後の商品を袋に入れてくれなくなった。
それに先駆けて(?!)昨年の夏あたりから、セブンイレブンのロゴ入りの袋が姿を消し、、、というか、袋からロゴが消え、というほうが正しいのかもしれない。そう、半年くらいは無地のレジ袋を使っていたのだ。
前国王が逝去した際も、セブンイレブンはいち早くロゴの色を黒にしたし、国の政策の先を読んで行動に移すところは素晴らしいと思う。

レジ袋廃止については、だいぶ前から政府の発表があったのだけど、一般市民は『本当にそうなるの~ぉ?』というような雰囲気でいたので買い物袋(エコバッグとかマイバッグと言うべき?)持参でコンビニに行く人は少なく、年明け早々にセブンイレブンに行ったら大変な目に遭っている人を目撃してしまった。

商業施設によってレジ袋を出すか出さないかはまちまちで、チェンマイに限っていうと、以前から袋を出さないmakro(会計済みの品物をカートで駐車場に運べるが、ドアの手前でレシートとカートの中身をチェックされ、スタンプをもらう)、曜日や日にちで『No plastic bag day』を設けて段階的に買い物袋持参に移行させたBig-CやTOPS market、少量買いの人には袋を出しません、というレジを設けていたTESCO LOTUSなど、大手の商業施設はレジ袋を控える動きはあった。
だけどその中に入っているテナントなどでは今でも以前と変わらずレジ袋を出してくれるところもある。

政府の方針は、それはそれで良いと思うけど、守っている団体への報奨とか、守らない団体への罰則があるのかどうかは不明。
レジ袋がないということは商品を個人の袋に入れてお店を後にするわけだけど、政府への尻尾振り振りでレジ袋を廃止した店舗ではルール作りが追い付かず、万引きも多発しているんじゃないかと思うのだけど。
レジ袋を廃止にしたことでのコスト減と、警備にかかる経費、遺失商品分の損失のデータを見てみたい。

お礼の品を持って行く

f:id:c-m-yorimichi:20200109002214j:plain
前回の投稿のとおり、私の1年滞在ビザ申請のための保証人としてオットの家の2軒先の奥さまにいろいろご面倒をおかけしたので、オットと私はお礼の品を持って行くことにした。
オットが言うには『豪華な贈り物』が必要なんだそうで、普段からタイのスーパーマーケットにはお寺へのお供えセットが飾り台や籠にきれいに収められた状態で売られているのだけど、そういうスタイルのお礼をするらしい。
日本だと、タオルとかお茶、コーヒー、海苔、洗剤などの日用品の場合が多いと思うが、タイではなぜか栄養ドリンク的なものが今の主流のようで、スーパーのお礼の品コーナーには何種類ものドリンク剤がそれ用に並べられていた。メーカーもさまざま、サイズもさまざま。
オットが『豪華な贈り物』と言っていたのでひょっとしたらビザ申請代(1900バーツ)より高くなっちゃうの?と思っていたが、オットが選んだのは定価1100バーツがセールで980バーツになっている物で、2セット買うとひとつが740バーツになるというもの。・・・と聞いて、どうしてふたつも買うの?!と思ったら、一緒に買い物に行ったお姉さんも同じような物がほしかったのだそうで、そういうことかと一安心。
しかもお姉さんが1000バーツ負担してくれるということで、オットと私の負担は480バーツになった。あぁ、びっくりした、というか、助かったというか。
そういう驚きもあるし、定価1100バーツなのに2個買うと740バーツになってしまうって、どれだけ引けちゃうのよ、っていうか、普段どれだけ乗っけて売ってるのよ、という怪訝な気持ちも必然的に芽生えるわけで。

ちなみにこのバスケットの背面には品物に関する表記シールが貼ってあって、金額も印刷されている。
タイでは誕生日プレゼントなどにも値札を付けたままで本人に渡す習慣があるのだけど、こんなお礼の品も値段がわかる状態で渡すのね~、と思ってしまった。この習慣には、まだまだ馴染めない・・・。