チェンマイよりみちの記録

タイ・チェンマイに寄り道する人生を選択した個人の記録です。私、ヨリミチ(仮名)が日本やタイからお届けします。

ちょっと元気のないオット

昨日はオットも私も何も用事のない日だった。
いつもだったらくだらない(とはオットは思っていないかもしれない)LINEメッセージが届きそうなものなのに『おはよう』のメッセージが1通届いただけで、そのまま1日が終わってしまうのではないかという雰囲気が感じられた。
なので電話をかけてみた。

しばらく他愛のない話をした後に、オットは『今日は元気がない』と言う。
前日に同業の男性が亡くなったという連絡があったそうで、その男性はオットとは同い年、私も一昨年あたりに1度会ったことのある(と言っても挨拶程度だったけど)人で、生活スタイルとしてはオットと同じ独居だったとのこと。

その人も他のタイ人と同じようにいろいろな人とLINEでやり取りをしていて、ある時刻からパタリと通信が途絶えてしまったので心配した親戚だか友人だかが家を訪ねたら彼は家の中で倒れていてもう手遅れだったとのこと。
独居だったので倒れるまでの様子や詳しいことは誰もわからず、今はチェンマイでは新型コロナウイルスの感染者が異様な勢いで増えているのでそちらの可能性も捨てきれず、彼のコロナ陰性が証明されるまでは弔問にも行けないのだけど検査機関も余裕がないので結果が出るまでに時間がかかるかもしれないと。

オットによると先月は同業の女性が交通事故で亡くなられたそうで、LINEのグループ内では2ヶ月連続で仲間が亡くなり、みんなが肩を落としているということ。
オットの同業者ならだいたい皆同じ状況で、コロナの影響で半失業状態。政府からの生活支援金支給も去年の4月から3ヶ月のみ。なので収入面でとても厳しい生活をしているのだけど、タイでも親しい人が亡くなったら日本で言うところのお香典を出す。コロナ禍で仕事がなくても、今回もお香典をゼロにはできない間柄なので、どうやらグループで話し合って全員一律の金額(平時より低めに設定)にしたようだった。
一説によるとタイ北部ではこの何年かで葬儀にかかる費用がどんどん上がって(物価の上昇もあるけれど、タイ人の見栄っ張りな性格によるものも結構な部分を占めているらしい)、平時であれば相当な費用がかかるらしいのだけど、チェンマイでは昨年後半からのコロナ感染拡大があるので葬儀の規模としては一時期よりは簡素になったかもしれない。そうだとしてもお葬式を出す家はかなりのお金を工面しなければいけないわけで、オットのまわりの人も『お互い様』の精神で事を運んでいるようだ。

↓こちらは数年前のオットの親戚の葬儀のときのもの
 お寺の一角に砂山を作る
f:id:c-m-yorimichi:20210419185017j:plain

↓右の木箱にお香典を入れる
 遺影は20年以上前の写真か?
f:id:c-m-yorimichi:20210419185211j:plain

↓人の集まるところには宝くじ売りがやって来る
f:id:c-m-yorimichi:20210419185351j:plain

それでも先ごろ亡くなった男性がもしもコロナに感染していたら葬儀も通常どおりにはできないだろうし、皆さんもお別れの挨拶に行けないだろう。そういう不安もオットが元気をなくしている理由だと思う。
そしてたまたまその男性とオットは同い年だったという、親近感からくるショック。
それに仕事がなくても仲間が亡くなればお香典は発生するというストレス。

幸いなことに昨日までのタイの大型連休の間のオットの仕事は前半は全キャンセル、後半は一部キャンセルで辛うじて多少の収入が発生したのでお香典の急な支出に困ることはなかったけれど・・・。


独居のオットにもしもの事が起こったら、日本にいる私がチェンマイに辿り着くにはタイ大使館への渡航申請から始めて、バンコクでの隔離検疫、他にも保険加入やPCR検査など、いろいろやるべきことがあるので半月くらいの時間が必要になる。
急を要する状況のときに半月・・・

そんなことにならないように、用事がない日も『今日は用事がありません』と言って電話をするのは大事だなぁ、としみじみ思った。

チェンマイから寄り道続きで

昨日の投稿の続報。
オットからの郵便物が今日の午後届いた。

投函から8日。書留だけど普通郵便扱いなので予定どおりと言えば予定どおりと言えるのだけど、コロナ前は普通郵便(追跡なし)でも4日で届いたことも何度かあるので今回のは長かった。
タイのソンクラーン(旧正月)だったというのも関係あるのかな。

それにしても、チェンマイの空港郵便局で出したのに車で隣町に運ばれ、そこからバンコクまで列車輸送。
日本に到着してものんびり移動している感じで、オットが言うには『僕はいろんなところに旅行するのが好きだから、手紙もいろんなところに泊まりました』とのこと。
ヨリミチ宛の郵便物はチェンマイを出発してから各所に寄り道して、ようやく目的地にやって来た。まるで人間が自由に旅行できないのを嘲笑うかのよう。
チェンマイで1泊、ランプーンで1泊、バンコクと機中で何泊かして、日本でもどこぞの郵便局で2泊。
そして私の手元に。

ところで、タイからの書留郵便は追跡番号が『R』から始まるようで(Register の R かな?)、切手部分がバッグメーカーのルートート(ROO TOTE)のようになってしまっている。これはこれでかわいいかも。

f:id:c-m-yorimichi:20210418180156j:plain

そして日本に到着すると、日本国内の番号も割り振られるようで番号が2つ付く。
郵便局のサイトで確認するときはどちらの番号でも可能。

↓封筒の裏面
f:id:c-m-yorimichi:20210418180227j:plain

タイから追跡なしの普通郵便を出す場合の切手は象がプリントされていて、それが結構気に入っていたのだけど書留だと象がいなくて少し寂しい。

↓過去にオットが出した封書の切手
f:id:c-m-yorimichi:20210418180313j:plain

f:id:c-m-yorimichi:20210418180410j:plain
↑ミスプリントなのか、ときどき象が伸びているのもご愛嬌。


このブログは『チェンマイよりみちの記録』なのだから、コロナが落ち着いたら早いうちにチェンマイに行って、チェンマイを寄り道する私の様子をリポートしたい。
今回はチェンマイから寄り道続きの郵便物の記録になってしまった。

届きそうで届かない

先日オットが私宛の郵便物をチェンマイで投函した。
大きな荷物ではなく、封筒なので書留郵便で。
しかも郵便物が人の手によって運ばれる手順をひとつ減らせると考えて、町の郵便局ではなくチェンマイ空港内の郵便局で出した。

現時点で、一般人がタイから日本に出せる郵便は普通郵便、書留郵便、EMSの3種類のようで、書留郵便は追跡番号が付くので郵便局のインターネットサイトで通過箇所をチェックできる。

タイの郵便事情の詳しいことはわからないのだけど(現地の郵便局員に聞いても答えはまちまちだと思う)、書留郵便だと追跡はできるけど保障はなく、EMSは追跡もできるし一定金額までは紛失保障もあるのだと思う。それと、EMSならその時点の最速で輸送されるはず。でも料金が高い。
そんなわけで、オットはEMSではなく書留郵便を空港郵便局から出した。

するとすぐにサイトで確認でき、投函が午後だったせいかその日は荷物の移動は確認できなかった。

そして翌日。
チェンマイからバンコクまでは1日に何本も飛行機が飛んでいるのでどこかのタイミングでバンコク行きの飛行機に乗っているはず。
と思って投函翌日の夜に郵便物の位置を確認したら、なんとチェンマイの隣町、ランプーン。

f:id:c-m-yorimichi:20210417192035j:plain

空港郵便局で出したのに、ご丁寧に仕分けられて車で隣町に運ばれたもよう。これはびっくり。せっかく空港で出したのだから、そこから飛行機に乗せてくれれば良いものを。
うーん、わざわざ隣町の郵便チェックポイント駅に運んで陸路(列車)で輸送する意味って何なんだろう。
というわけで、郵便物はランプーンで1泊。

その翌日に列車に乗せられ、バンコクスワンナプーム空港に運ばれた。
それが投函から2日後のこと。
バンコクに到着したら、わりとすぐに『国際交換局から発送』となったので、その翌日には成田か羽田に着くだろう。

と思っていたのだけど、全然到着した様子がない。スワンナプーム(空港)と表示が出たので、船便ではないはず。船便だと港の町が表示されるのだろうけど、そこはスワンナプームではない。

それにしても時間がかかりすぎ。
でもタイで空港までは辿り着いているのだから、そこからの紛失はないだろうと思うことにした。

f:id:c-m-yorimichi:20210417193451j:plain

スワンナプームに辿り着いた4日後、ようやく日本に到達したような表示になった。
ここまで来たなら一安心。
追跡番号のある郵便なのだから、その翌日か翌々日には配達されるかな、と予想していたのだけど、日本に着いてもなお動きが悪い。

とりあえず今は『通関手続き中』ということなので、明日か明後日には手元に届くのではないかと・・・。

↓日本のサイトだとタイでの動きは要所のみ表示される
f:id:c-m-yorimichi:20210417192213j:plain

明日か明後日には届くだろう、というのは書留郵便が日曜日も輸送ラインに乗せられるのなら、の話ではあるけど。

ヨーグルトを毎日食べるために

実家にヨーグルトメーカーを買ったので、何度か作ってみた。
我が家の場合、父が毎食ではないとしてもだいたい毎日食べるので、小分けにしておくと安心。

大きなパックから自分でお皿に入れるとどうしても欲張ってたくさん入れて(食べて)しまうので、最初から小分けにしておけばそれが1回分となる。

ヨーグルトメーカーを導入する前に父が食べていたヨーグルトは75gくらいのパックの物が多かったので、DAISOでそのくらいのパックを探すことにした。
そして買ったのが110mlパックの4個セット。それを2個。つまりパックは8個。

f:id:c-m-yorimichi:20210416175459j:plain

1リットルの牛乳パックでヨーグルトを作り、110mlのパック8個に入れて、入りきらなかった分はその時点で食べるとしても、義務のように食べるのもあまり気持ちの良いものではないので小さなパックを追加購入。
すると、こんな感じになった。

f:id:c-m-yorimichi:20210416175521j:plain

1リットルの牛乳パックから最初に牛乳を少し抜いてタネにするヨーグルトを入れるのだけど、欲張りな私が作ると1リットル以上のヨーグルトになる。

このパック、フタにわずかな凹みがあるので積み重ねても安全。
f:id:c-m-yorimichi:20210416175542j:plain


ヨーグルトメーカーは、以前買ったもの(チェンマイで使っている)は完了時刻になると保温が切れるだけだったのだけど、だんだんバージョンアップしていて、これは終了アラーム音と End の表示が出る。

f:id:c-m-yorimichi:20210416180008j:plain


タイ人(男)と日本人(女)の結婚  - 7 -

だいぶ時間が経ってしまったけれど、一応これがシリーズ最終章のつもり。

今回は結婚後のいろいろ、について。

無事に日泰の役場で手続きを済ますことができ、書類の準備から5ヶ月ほどで私とオットは法律上の夫婦となった。
しかしお互いの国でお互いが配偶者であると登録されても、即時に同居生活が認められたわけではない。この状態になってもオットの居住地はタイ、私の居住地は日本。

どちらかの国で同居するなら、居住する国の入国管理局にビザを申請し、承認されなければ身分としてはただの旅行者のまま。
我々は私がタイに住むほうが合理的だろうということでチェンマイの入国管理局で私の居住ビザを申請することにした。

実はそれをするにも個人レベルでは事前に調べきれなかった条件があり、2度目の申請でビザ発給に辿り着けた。最初から業者に頼めばそのような躓きはなかったと思うけれど、それだと『普通の人が見落としやすいポイント』に気づかなかったどころか、その存在にすら気づかなかった可能性もあるので、人生はまだ長い(だろう)ということを考えるとむしろ躓いて良かったと思っている。
そのように苦労して取ったビザもこのコロナ禍の影響で期限切れになってしまった。
なのでタイに居住(長期滞在)するためのビザは次の渡航の際に取り直さないといけないのだけど、一応するべきことはわかっているのでまあまあ気が楽。


ところで、私が結婚したことで周りの人から『おめでとう、よかったね。親御さんも安心したんじゃないの?』とか『親御さんも喜んでいるでしょう?』ということをよく言われたものだけど、果たして私の両親はどう思っていたのやら。

母はなんとなく喜んでいるような様子はうかがえたけど、父は・・・。
私が思うに、父は理性では親として喜んでいるけれど、感情では許さん!という感じ?!典型的な『娘の結婚を阻止しようとする父親像』というのか。

私が結婚を視野に入れて年に何度かタイに行っていたときも、父は私がタイから帰ってくると非常に不機嫌なオーラを纏っていて、何週間かはその状態で過ごす。そしてその機嫌が元に戻ってそろそろ平常運転かな、という頃にまた私がタイに、というのを何年か繰り返した。
私の結婚後もオットとの別居婚状態だったのでそれは変わらず、父の心の一部には『わけのわからないタイ人とは別れてずっと家にいればいいのに』というのがあるように思えた。
だけどそれは父の本心というよりは、たとえばよその犬をかわいがった飼い主にやきもちを焼く犬、のような感じ。人としての理性はその奥にあると思っていたので、私は父のご機嫌取りをするようなことはしなかった。

そんなふうにして何年かが過ぎたあるとき、私のいとこが離婚をした。
私はそれを知ったときにそれほどショックを受けなかったのだけど、父にはかなりの衝撃だったようで、母や私に『○○(←私のいとこ)は小さい子供もいるのにナントカカントカ・・・云々』と結構な愚痴(?!)をぶちまけた。父には父の考え方があって、それはそれで私にも共感できるところがあるので否定はしなかったけれど、私にはいとこの離婚も否定しようとは思えなかった。私の目にはその1~2年前から『あれ?これは・・・』と思うところはあったし、いとこだって相当の覚悟をもって離婚に踏み切ったのが想像できたので。
だけどいとこの離婚の衝撃が父の感情に変化をもたらしたようで、私への風当たり(?)は弱くなった。私が知る限り、それまで父と近い関係の人で離婚を経験した人はほぼいなかったので、いとこの離婚は父自身が想像以上にショックを受け、そのショックを受けた自分の状態にもショックを受けた、くらいのダメージだったのだと思う。
自分の子供でもない立場の人の離婚でさえそんなふうに憤り、悲しみ、やり場のない感情が溢れてくるのだから、自分の娘の結婚を素直に喜ばずに、ときには娘の存在を見ないふり、認めないふりをしていた自分は何をしていたのだろう、と思ったのかもしれない。

そんなことがきっかけで、父と私は昔のような良好な関係に戻ったけれど、それがいつまで続くのかは誰にもわからない。
今後私がタイに行き、そして実家に帰ってきたときに父はどのような態度になるのやら。
また拗ねた犬のようになってしまうのか、それとも成長して『いつもの父』でいてくれるのか。

想定の範囲内の予測誤変換からの買い物

不穏な上昇傾向のあるチェンマイ新型コロナウイルス感染症の新規感染者数。
オットの仕事も全キャンセルになりそうな予感。

そして今日もオットからおかしなLINEメッセージが届いた。

f:id:c-m-yorimichi:20210414185816j:plain

先日オットは高齢者介護の研修を受けに行っていたのでその名残りで(?!)、スマホの予測変換が『かい』と入力したところで『介護』となって、せっかちなオットはそれを使ってしまったようだ。


オットの肌感覚としてはチェンマイはそろそろロックダウンになるかもしれないということなので、そうなる前に食料品を調達に。
日本にある『業務スーパー』のようなmakroに向かい、取り敢えず卵30個。
それと、このお店のバナナケーキはわりと美味しいのでそれを1袋。
そしてお篭り生活をする自分へのご褒美として乾燥レーズン(黄色)。

↓卵のパックはフタ無しだと少し安い
f:id:c-m-yorimichi:20210414185851j:plain

↓DAISOで購入した卵ケースに入れて持ち帰る
f:id:c-m-yorimichi:20210414185909j:plain

1年前のロックダウンのときは食料品が違法なほどの値上がりをして混乱があったのだけど、今回もまた少々の値上がりはあるかもしれない。

でもお米は買ったばかりだし、近いうちに2番目のお姉さんからバナナを2房くらいもらえるのでそれほど慌てた様子もない。
しかもチェンマイは近郊で野菜が採れるので、ロックダウンなどで農家が業者に卸せなくなると広場やお寺で小売りを始めることがあるので案外食糧難にはならないし、市民は逆に新鮮な野菜を手に入れることができたりして実はあまり困らない。

もちろんコロナが収束することがいちばん望まれることではあるけど、制限された生活が長くなると人々も経験値が上がるので、それなりに工夫して協力し、助け合っている。

似ているところはそこかもしれない

オットも私も物持ちが良く、『これ、いつから使っているの?』というような物が結構ある。
それが年月相応の使用感がないことが多いので始末に困ることもある。

私は幼稚園のお道具箱に入っていた鋏を30歳を越えても使っていたし、オットが使っているそろそろ寿命を迎えそうな目覚まし時計は19年物。
オットがここ10年くらいの間にデパートや正規販売店で買ったそこそこ高価な靴は、オットがジョギングに目覚めたら足の形がランニング仕様になってサイズが合わなくなってしまったのだけど、偶然靴を欲しいと言っている人が近くにいて、サイズもその人に合うものだったので良い値段で引き取ってくれた。
私もフリーマーケットに出店していた頃は(たいした物を出していたわけではないけど)状態が良いということで、他のブースを見てきた人が私のブースに戻ってきてくれることがたびたびあった。

私はフリーマーケットでの出品物には強気な値付けをしないので、出店料と交通費を差し引くと赤字にならない程度の収入にしかならないし、準備や片付けの手間を考えると『やらないほうがラクじゃない?』というような感じ。
でも、まだ使えそうな物を捨てるのが忍びないのでフリーマーケットに出して手放す、という手段を利用しているのかもしれない。
(でも今はコロナが心配なのでフリマには参加していない。)

だけどそれなりに高価な物や思い入れのある物は手放したくない、というか、手放すならそれなりの金額を手に入れたいと思うこともある。

オットは日本人の知り合いからNikonのカメラを譲っていただいたのだけど、オットや私には使う場面がないし、使いこなせるとも思えない。なのでオットはカメラに興味のある友達何人かに声を掛けたのだけど、値段の折り合いがつかなかったり、ある人は同じようなものを買ったばかりだったり。なのでオットはカメラを箱に入れて保管していた。

それが今年のいつだったか、オットは私に電話をかけてきて『あのカメラを姪にあげてもいいかな?』と言い出した。
私はそのカメラはオットの物なのだからどのようにしてくれても構わなかったのだけど、オットにしてみれば、あれはタイで売ればそこそこの金額になる物なので『誰かにただであげる』ということに後ろめたさがあったのかもしれない。
だけどもともとはただで貰った物なのだし、もしも家での保管中に落としたとか何かがぶつかったとかでカメラにダメージが発生してしまったらそれこそ元も子もない状態になってしまうので、私としては使ってくれる人に気持ち良く渡せるならそれが良いと思っていた。

そして先日、姪が用事のついでにオットの家に立ち寄ってカメラを受け取った。
取説は日本語なのだけど、受け取ることが決まってから姪はネットで予習をしており、既に使いこなしているようだ。

f:id:c-m-yorimichi:20210413152341j:plain

実は私も冬物の服や靴(←タイで過ごす時間が長くなると必然的に不要となる物が出る)は妹や姪が使ってくれればと思ってかなり引き取ってもらった(というか、押し付けた)。それこそフリーマーケットに出せば充分な黒字要素なのだけど、もったいなくて安価では出したくないという・・・。それなのに妹にはただで押し付け。まあ、中には喜んで使ってくれている物もあるので良しとするけど。


タイでは食堂でも一般家庭でも、軽くて割れにくいメラミン食器を使っているところが多いのだけど、オットの家の食器は陶器が多い。つまり、メラミンが出回る前から使っているもの。
オットと私が生活していても陶器の食器の状態はほとんど変わらないのだけど、オットの3番目のお姉さんがたまに長期滞在すると数に変化が。
つまりオットや私の知らないところで底や縁が欠けるのだけど、それを知ってか知らずかそのまま食器入れに戻される。そしてオットと私が『これは危ないよね』と言って処分する。
3人で暮らすからといっても食器が増えるのではなくて、その逆。
でもお姉さんは頻繁に滞在するわけではないし、ときどき何かの粗品などでお皿やグラスが手に入ることがあるので食器の総量としてはプラスマイナスゼロ、という感じ。

PVアクセスランキング にほんブログ村