チェンマイよりみちの記録

タイ・チェンマイに寄り道する人生を選択した個人の記録です。私、ヨリミチ(仮名)が日本やタイからお届けします。

弱い雷おこし?!

この月末に、オットはある日本人の家族と会う。
去年知り合った人だと記憶しているのだけど、会うのはこれで4~5回目。
律儀なオットは今まででもちょっとした手土産を用意していたようで、そろそろネタ切れになってきたらしい。それで先日『何にしようかなあ』と相談された。

そんなときは、形に残るお土産物よりは気軽に食べられる消え物のほうが便利。
というわけで、ヨリミチは เขาแต๋ม(カーオテーン)を提案した。
これはタイ全土で買えるものだと思うのだけど、あまりにも素朴なスタイルの菓子なので、日本人でこれを食べたことのある人というのはわりと少ないかもしれない。
でも無意識のうちに口にしている可能性はあって、ヨリミチがそれを初めて食べたのはチェンマイに初めて行ったとき、お約束の観光日程に入っていたカントークディナーの食後のコーヒーに添えられていたので食べてしまった。
こんな具合にカフェでコーヒーのお供になっていることもあるだろうし、ちょっと値の張るスパやマッサージ店では施術後のお茶うけとして出すこともあると思う。

カーオテーンはもち米、糖類、揚げ油が主原料なので、日本の煎餅やおこしと通じるものがある。なので日本人は抵抗なく食べられると思うし、馴染みのある食感なので無意識のうちに食べてしまったらその存在も忘れてしまい、敢えて買うこともないかもしれない。
しかし煎餅好きなヨリミチはカーオテーンという物を食べてから『これはどこで買えるのだろう』ということが気になって、まだそれの名前も知らないのに行く先々でそれを探した。
結局チェンマイ空港のテナントでもそれを売っていることが判ったので、チェンマイから日本に戻ってくるときには何度かお土産にした。

個人的に気に入っているのはノーマルなカーオテーンで、それにきび砂糖だかパームシュガーだかのブラウンシュガーがかかっていると最高。
大きさはいろいろあって、初めて食べたのは手のひらくらいの大きさだったのだけど、小粒の物が食べやすくて好き。
当たり外れはあるかもしれないが、だいたいはサクサクしていてどんどん食べられる。
見た目や色は雷おこしのようで『硬いの?』と思いがちだけれど、雷おこしよりは軽い食感。

そんなわけでオットにカーオテーンを薦めたら、先日スーパーマーケットのポップアップストアで3種類買って来た。
なぜ3種類なのかというと、1袋35バーツの物が3袋で100バーツになるということで、奥さん気質のオットは迷わず3袋。
ヨリミチの提案のとおり小粒の物と

ゴマやナッツが乗せてある物と

ムーヨーン(甘く味付けした乾燥豚肉を裂いた物)が乗っている物。


タイ人はムーヨーンがかなり好きなようで、ご飯に乗せたり(一応、日本にも『桜でんぶ』という物があるのでそんな感じかな、と理解はできる)、サンドイッチの具にしたり(これは甘いマヨネーズを糊にしてパンに挟む)、惣菜パンの具にしたり、というのはよくあるのだけど、カーオテーンにも乗せてしまうとは。
まあ、パンの具にするよりは違和感はないような気はするけど・・・

ムーヨーンの乗ったカーオテーン、どこかで見かけたら試してみようかな。怖いもの見たさで。

6年越しの疑問が解ける

先日オットは友達とチェンマイ市内で過ごし、現地の午後1時頃『ここにいます』といって画像を何枚か送ってきた。

これは・・・ヨリミチがチェンマイでいちばん好きな『カオニャオマムアン屋』だ!
こんな時間にカオニャオマムアンとは、昼食後のデザートなのかな、と思ったのだけどテーブルの上には他の物もある。

1人にひとつカオニャオマムアン、それから・・・

ひとつはカオニャオトゥリアンで、もうひとつは・・・名前が分からないけれど、味の想像はつく。
というかこれと同じような物を6年前にパヤオで食べて、それがとても気に入ったのだけどそれ以降目の前に出てきたことがなかったので誰にも『これは何という名前ですか』と聞けなかったのだ。
パヤオではテイクアウトで食べた

(中段のがそれ)

それがあのお店にあったとは、まさに灯台もと暗し。
それで今日、オットと電話をする時間があったので聞いてみると、『カオニャオサンカヤー』だとのこと。

↑言われてからメニュー表を見たらちゃんとあった。

サンカヤーというのはカスタードのようなプリンのような、でもカスタードプリンかと言われるとそうではない、卵の味の甘い菓子。
それが『カオニャオサンカヤー』になってお皿に入っているので、そうなるとライスプディングがライスとプディングに分かれたらこうなるのかな、という状態になる。
カオニャオマムアンもカオニャオ(もち米)とマムアン(マンゴー)の組み合わせなので衝撃的だけれど、カオニャオサンカヤーだってカオニャオ(もち米)とサンカヤー(カスタード)なので『えぇっ!?』と思うかもしれないが、ライスプディングと同じ路線の食べ物だと思えば『あり得ない物』ではないだろう。
まあ、ライスプディングは邪道だという人が見たら『ここにも変な食べ物があるのか』と思うのだろうけど。

パヤオであれを食べてからずっと『あれは何という名前なんだろう』と気になっていたのだけど、約6年で答えに行き着いた。
それにしてもあんなに小さなパックの食べ物の名前を6年間も知ろうとする根性、他の物にそのパワーを使えばもっと有意義な人生になったんじゃない?と思ってしまうのだけど、名前も知らないひとつの食べ物のことを6年間も忘れずに覚えているというのはそれはそれでスゴいのかもしれない、とも思う。

あまりにも寒い日はオットに心配される

今日の日本は全国的に寒かった。
それでもヨリミチがいる場所はまだマシだったのだけど、この『日本が寒いです』という情報はオットも気になるらしく、そんな日はオットから『大丈夫ですか?気を付けて下さい』というようなメッセージが届く。
オットは私のことも心配なのだけど、もっと心配している人がいて、その人は東北地方の日本海側に住んでいる。
なのでオットは自分の家のところ(チェンマイ)と、ヨリミチ実家近辺の町と、東北地方の友達の住んでいる町の天気を iPhone で調べて、その画面を送って『気を付けて下さい』というメッセージを添える。そこにはチェンマイの天気情報は要らないと思うのだけど・・・。

タイ人は雪に対する憧れが強く、以前は日本の豪雪が話題になるとオットは『いいですね~、行きたいです』という反応だった。
でもヨリミチは雪は美しいけれどもときには危険な事故があることも解っているので場合によっては『あんなにたくさんだと危ないですよ』などと言ってオットの夢を壊してきた。
だけどオットにはあまり響かず、喉元過ぎれば~という感じで次の大雪のニュースが流れるとまた『いいですね~』というふうになっていた。
が、ある年の1月、オットはヨリミチとの結婚の手続きのために来日していて、そのときに東北地方の友達は我々をそちらに招待してくれた。
が、3日ほどの滞在中、数十年にいちどレベルの荒天となり、辛うじて新幹線は動いていたものの非常に危ない状態だったという・・・。しかも初日と2日目は本当にすごい雪で、我々を招待してくれた人たちも『外国からのお客さんじゃなければ今日の予定は中止にしていたぞ』と言っていたほど。
友達は車でいろいろなところを案内してくれたけれど、買い物や食事のときには深い雪の中を多少は歩かなければならないわけで、それを体験したオットは『雪がたくさんのときは日本に行かなくていいです』と言うようになった。

なのでそれ以降は雪のニュースが流れると『大丈夫ですか?』と言ってくれるのだけど、あのときの荒天の中を歩かせたのはかわいそうだったけれど、良い学習になったかな。あの体験がなければきっと今日も『雪~!見たいですよ』のようなことを言ったかもしれないし。

オットがハマりつつあるコーヒー

今日オットは日本人の友達と、その友達夫妻と出掛けるということで、ご夫妻が滞在しているサービスアパートメントで午前9時に待ち合わせをした。
オットが車を出して3人を乗せるというのでオットは車で向かうことになったのだけど、今日からチェンマイ大学は卒業式。待ち合わせの場所は大学が近いので渋滞が予想されるため、オットはかなり早い時間に家を出た。
早く出発したのは渋滞に巻き込まれると困るというのもあるのだけど、朝ごはんをどこかで食べるのでその時間も必要で早く出たのだ。
それでオットは待ち合わせ場所に車を駐め、徒歩で半屋台の食堂に行った。で、適当な物を食べてから車に戻り、『コーヒーを飲んでいます』という画像を送ってきた。

この時点で7時10分。
待ち合わせは9時なのに。
でもオットとしてはそれで良いらしい。
その2時間弱はスマホでネットサーフィンをして過ごすつもりでコーヒーを用意したようで。
それでもちょっと暇なのでヨリミチに電話をかけてきた。

で、オットがこのコーヒーのことについて喋り始めたのだけど、いつものインスタントコーヒーではないらしく、『ハーセル何とか』と言っている。
もしや、それはヘーゼルナッツではなくて?
オットもうろ覚えなので『ナット(ナッツ)の味がするの』くらいの情報しかない。
日本語では NUT は『ナッツ』と言うけれど、日本語を喋れるタイ人が NUT を日本語っぽく言おうとするとカタカナ状態(?!)の『ナット』になる。しかも語尾の母音を意識的に強く発音するものだから『ナット』ではなく『ナットー』に聞こえるのだ。
ということで、『ナットーの味がするコーヒー』になってしまうのだけど、言いたいことは『ナッツの味がするコーヒー』。
オットが飲んだのはコレ。

ヘーゼルナッツの味がするミルク・砂糖入りのインスタントスティックコーヒー。
詳しいことは解らないけれど、ヘーゼルナッツフレイバーということなのかな。
先週オットは友達に薦められてセブンイレブンのコーヒーマシンでヘーゼルナッツコーヒーを購入したとのことで、それが美味しかったのでスーパーマーケットでインスタントを探して買ったらしい。そのスーパーではこのメーカー(เขาช่อง)しかヘーゼルナッツコーヒーを扱っていなかったのでそれを買ったのだけど、日本にもインスタントのヘーゼルナッツコーヒーがあれば飲んでみたい、とも言い出した。
それが『日本のハーセルナットーのコーヒーを・・・』と言うものだから、なんだか納豆のコーヒーのように聞こえてしまって自分で自分に突っ込みを入れたくなった。

『ヘーゼルナッツ』に関してはタイ語では ฮาเชลนัท なので『ハーセルナット』も間違いではない。けど、日本語を意識して『ナットー』と言ってしまうと別物っぽい響きになってしまうので、お互いに外来語のモノは通じにくいんだな・・・。

小さな財布を購入

以前から気になっていた、タイで使っている財布が大きすぎるんじゃないかという件。
その大きな財布の角の部分が壊れてきたというのもあって、ピンとくる物があれば小型の財布を買おうと思っていた。
長財布推奨派の間では、紙幣のためには長財布のほうが良いみたいな説もあり、それはそれでお札を折らずに収納できるのでお札の気分を想像すればその方が居心地は良いと思うのだけど、ヨリミチはたまたまその流行りよりも前に長財布を使っていたこともあるのだけどやっぱり長財布だと小さなバッグには入れづらいし、財布そのものもそれなりに重い。なので長財布には長財布なりのデメリットもあるのだ。
ヨリミチの場合、新しい財布はタイバーツを入れタイで使いたいので、紙幣と小銭、それとバンコク銀行のキャッシュカード、クレジットカードが数枚・・・くらいが入ればいいんじゃないの?と思っていたら、タイで使っている財布の中身はこんなにあった。

しかもこのとき、小銭は出し忘れている。

それで先日楽天BOOKSで『財布が付録になっている雑誌』を買ったつもりが、実はこれは『財布の本』だった。

よくある○○付き雑誌と同様、財布は箱に入っていて、その箱は外箱がカバーになっていて、外箱は本の表紙が接着してある。
財布が入っている箱を開けてみたら、箱の中には枠があり、財布は枠にテープで固定されていた。なるほど、これで箱の中で動かないようになっているのか。

ミニ財布は元の財布の1/3くらいの大きさ。
この中にどれだけの物を入れられるのだろうか・・・。

小銭入れスペースは結構容量があって、全てのコインとスーツケースの鍵3個を入れられた。でも小銭の量が尋常ではないので次からは意識的に小銭を減らすようにしたい。(今までは財布が大きかったので小銭を減らす努力をしなかった。)
それから紙幣は8枚。今は日本に帰国中なので手持ちのバーツ紙幣が少ない。タイで生活していればもう少し枚数が増えると思う。が、今では屋台でもスマホのアプリで決済できるところも多いらしいので、日常生活でそれほど多くの紙幣を持ち歩く必要はないかもしれない。
問題はカードとかメモ類。
今まではポイントカードや連絡先を書いたメモなど、かなりいろいろな物を財布にいれていた。
が、それらを全部新しい財布には移せない。
でもポイントカードなどもスマホアプリになっているだろうし、そのへんは実際にチェンマイに行ってみないとわからないのだけど、取り敢えずポイントカードは財布に入れないことにして、日本でやっているように『ポイントカードは家で保管し、そのお店に行くときにカードを財布に入れる』ことにする。

それからドイステープ寺院のおみくじはサイズ的に新しい財布には入らないので手帳のポケットに移動。
このおみくじを引いてから丸3年。
そのときは『ビザが発給されますように』とお祈りをした。

で、ビザは無事に発給されたのだけどその翌月にはコロナ禍のために日本に避難的帰国。
ビザを取れたお礼参りをする前にビザ(有効期間1年)は失効してしまった。
次にチェンマイに行ったらまたドイステープ寺院で『ビザが発給されますように』とお願いしなければ。

財布の話に戻ると、ミニ財布はそれ自体の重さが軽いし、財布が小さいので中身も少なくなって、前の財布よりはかなり軽くなった。
この先、ポイントカードやキャッシュカードは可能な限りアプリに変更しようと思っているので更に軽くなるはず。

姪に製菓材料を送る

先日の記事の続きの話。
来月のバレンタインデーに向けて姪にチョコレート菓子が作れる材料を送った。
最初は『○○が作れるキット』というものにしようかと思っていたのだけど、それだと用途が限られるし創造性がないのでチョコレートやナッツなどをバラで買って、どんな姿にでもできるように(?!)した。
一応小さなトレーも入れて、マンディアンができるようになっているのだけど。

↑買った物の一部

それにしても今はいろんな素材があって、見ているだけでも楽しい。
ヨリミチがその年齢の頃はフレーク状のチョコレートやカラーシュガー、アラザンくらいしかなかったのに。

取り敢えず今回は姪に贈るということになっているので、トッピングの物はカラフルで可愛らしい物を集めてみた。
もっとアレンジしたくなれば100均でもそれなりに材料は手に入るので、あとはご自由にどうぞ、という感じ。

土台になるチョコレートはブラック、ホワイト、ピンクを合わせると1700グラムくらいになるので、友チョコにする分には足りるだろう。

万が一姪がチョコレート菓子作りにハマらなかったら、姪の弟(次男坊)がそれらを使って何かをするのではないかと睨んでいる。

実は次男坊、調理実習だか何かで魚をおろすことになったらしいのだけど、クラスで一番上手かったのだとか。というのは家事があまり得意ではないヨリミチの妹はあれこれ理由を付けて子どもたちには小さい頃から台所に立たせていたので、その成果でもあると思う。

この次男坊、小学生の頃は『スイカジュース屋さんになりたい』とか言っていて、なぜスイカ屋さんじゃなくてスイカジュース屋さんなんだ?!と思ったのだけど、今はもう少し進化(?!)して、果物屋(カフェ併設みたいな)にも興味が出てきたようで。

なので姪が菓子作りに飽きたら次男坊が男前なスイーツを作ってくれるかもしれない。

このところハズレ続き

セブン&アイ系列のマイルが貯まるネット上のサービスで、不定期に継続されているガチャがある。
不定期に継続というのは表現として矛盾があると思うのだけど、開催は常に期間限定で『いつからいつまで』というものなのだけれど、期間が終了するとまたすぐに次の期間限定ガチャが始まるので長い目で見るとガチャのない日のほうが少ないようなのだ。

↓開催初日にはメールでお知らせがある

これは1日1回チャレンジできて、クリスマスやお正月は1等に相当するポイント(マイル)が高く設定されていたり、ちょっとしためりはりはあるのだけどかなりの割り合いで1マイルが当たることが多かった。

それがこの年明けからは『ハズレ』に遭遇することが結構多く、これは偶然なのではなくてセブン&アイグループの景気を物語っているのではないかと勘繰ってしまうほど。

↑当たりの場合はコインが飛び出るイラストになる


ヨリミチとしてはセブンイレブンではそんなに買い物はしないし、他のセブン&アイ系列のお店は行動圏内にはないのでマイルが貯められることについては本当に『暮らしの中のオマケ』程度の位置付けで、貯まっても貯まらなくてもそんなに気にしない存在なのだけど、今月のハズレのオンパレードにはさすがにまいってしまう。

でも明日からもまた高額当選を夢見て(?!)ガチャを引いてしまうのだろうなぁ。

PVアクセスランキング にほんブログ村