チェンマイよりみちの記録

タイ・チェンマイに寄り道する人生を選択した個人の記録です。私、ヨリミチ(仮名)が日本やタイからお届けします。

ササガニユリ(笹蟹百合 = スパイダーリリー)を Google で翻訳すると

今日のササガニユリ


↑雨が降っていたのでガレージ内から撮影。(オットが。)
遠いので分かりにくいが、更に2~3輪開花した。

昨日の記事にしたササガニユリについて、どんな花が咲くのかという予想の段階で受け取った画像を Googleレンズで翻訳してみた。
↓それがこちら。

これは昨日の投稿をするときには確認済みだったのだけど日本語が不自然すぎるし、内容をヨリミチが多少修正しても、植物の専門家でもない者が文章を直してしまって良いのかどうかという問題もあったので翻訳のことについては触れないで投稿した。

オットは『Google で翻訳すればヨリミチさんも読めるでしょ?』と言っていたけど、それを読むにはおかしな日本語に対するストレスへの耐性と努力が必要な状態。
オットもきっと同じ物を目にして、『僕はタイ人だから辞典の日本語をうまく読めないけど、ヨリミチさんなら読めるはず』と思ったに違いない、と思っていた。

しかし・・・

今日オットから送られてきた Google の翻訳は

↓翻訳部分

なんか、私のと違う。

オットが持っている物のほうがまともな日本語ではないか!

でもそちらも完璧な内容ではなく、タイ語で書かれているものをオットが日本語で説明することによると、

スパイダーリリーは山岳民族にとってはなくてはならない物で、信仰や神様と大きな繋がりがあります。
雨が降ってほしいときにこの花を使ってお祈り(雨乞い?)をすると雨が降ります。

という感じ。
言われてみれば、オットのところの花が咲く前の晩は大雨が降って、止んだら花が咲いた。
数時間の晴れ間を挟んで再び雨。

これは単なる偶然なのか、言い伝えのとおり『雨の花』なのか・・・


要はタイでは雨季に咲く花ということなのだろうけど、基本的には陽当たりの良い場所を好むらしい。
そして根でも種でも増えることと言い、素直ではないところがミステリアスで信仰の場面には相応しいのかも?!

鳥からのお土産

先週オットから知らされたのだけど、またもや植えた覚えのない植物が育っていているとのこと。
今度は花。

気づいたらニョキニョキ伸びて、先週の時点で蕾らしきものが発生した。


だけどオットはそれがどういう花になるのかわからなかったので、通りかかる近所の人にも聞いてみたのだとか。でもはっきりした答えを出してくれる人はいなかったので、オットは長姉に LINE で蕾の画像を送って訊いてみた。
でも答えは出ず。
そこでいとこのお姉さんに訊いてみることにした。彼女は家でさまざまな植物を育てていて、きれいな花や葉っぱを Facebook に頻繁にアップしているのできっと知っているはず。

で、彼女の予想はコレ。


タイ語で พลับพลึง、その言葉は日本語ではハマユウ

そしてそのような花が現れるのを待っていたら・・・


ついに咲きました。

いとこのお姉さんが送ってくれた画像のとおりの花が、2輪開花した。
どのくらい日持ちするのかわからないけれど、蕾はいくつか並んでいるのでこれから満開になるはず。

ところで、この手の花は球根なのかな?と思って Google で調べてみることにした。
そこで判ったのは・・・
あの花はハマユウではなくてスパイダーリリーだということ。
どちらもヒガンバナ科なので系列(?!)は同じようだけど。

それにしても、スパイダーリリーって・・・

私は蜘蛛が非常に苦手で、『クモ』という言葉だってできれば言いたくないくらいなのに。
クモに近付きたくないから昆虫博物館にも入らなかったのに・・・。

https://c-m-yorimichi.hatenablog.com/entry/2022/05/15/000003

それなのにチェンマイの家にスパイダーリリーが・・・。
でもササガニユリ(笹蟹百合)という別名もあるそうなので、私はそちらの名前を使おうと思う。

肝心の、球根なの?という疑問は解決したような、しないような。
茎の根元は『球根』という言い方をするけれどまん丸の状態ではないようで、でも太くなっていて、それを分けて増やすことができるそうだけど、花の後に種子もでき、それを蒔いて育てることもできるのだけどその場合は花が咲くまでには4年くらいかかるらしい。
・・・ということは、このササガニユリはどういう状態でオットの家にやって来たのだろう。
根(球根)の一部が鳥か他の動物によって運ばれて来たのだとすると、鳥が足で掴んで飛んできたとか猫が咥えてやって来た、と考えなければならない。根には毒があるそうなので、きっと動物が食べることはないから。
では、動物が種子を食べたとして、フンに混ざっていたとしたら・・・4年前からそこにあったということ?!
でもオットは葉っぱが出てきたのはわりと最近だと言っていたし・・・。少なくとも2年前まではそこになかったはず。(私がチェンマイにいた一昨年の3月には見ていない。)
そこに園芸店で買った土を入れたのは去年と、その前が5~6年前だったから、その土に種子が混ざっていたのか・・・?

いろいろと謎が多いのだけど、オットには『鳥が運んで来た』ということにしておこうと思う。

昨年からオットはチャオームとかガパオを植え、熱心に面倒を見ている。そして果物の皮を剥いたらその辺りに埋めて堆肥にしているとのこと。何年か前は『ゴミを埋めるなんて汚いよ~』なんて言っていたのに。

ヨリミチ的には生ゴミは堆肥にするかどうかはさておき、地球に還すのは事情が許せば積極的にするほうが良いと思っているのだけど、実はオットが植物を植えているのは道路脇の歩道で、その地区ではよくあること。だけど植物の撤去命令が出ないとは言い切れない。
なのでそうなることに備えて堆肥用コンポストと不織布かフェルトでできた大きな鉢を用意しようと思っている。




チェンマイの月末

5月4日に『ワット・チェーディー・ルアン(WAT CHEDI LUANG)での大黒柱のお祭り』について投稿し、今年は5月28日から6月4日のようだと書いた。

https://c-m-yorimichi.hatenablog.com/entry/2022/05/04/211851

だけど、そのときに検索したサイトを数日前に見てみたらなぜか『来年(2023年)の予定は・・・未定』のような案内になっていて、事情がよくわからない。
今年のお祭りはあるのかないのか。

なので今月末にある出来事(?!)について、もうひとつ書いておこうと思う。
チェンマイに滞在中の Nakkoさんとか、これからタイ旅行に行く友人の姪御さんが参考にしてくれたらいいな、ということで。

それは月イチで、月末に開催される市場。
知る人ぞ知る、チェンマイ大学医学部の敷地内、スアンドーク病院の裏あたりに開かれる。
今月は5月30日から6月1日の3日間で、午前8時から午後6時まで。

この市場が開かれる目的はよくわからないのだけど、食べ物(ご飯、惣菜、果物、デザート、菓子、飲み物)から雑貨、下着、衣服まで、ありとあらゆる物があって、しかも安い。
安いだけではなく、品物がしっかりしているというのが特徴で、安心して買い物ができる。

多分最初は看護学生向けに始めた市場だと思う(国立病院なので財布にやさしい価格で販売する)のだけど、卒業生や退職者(オットの姉はここの病院を定年退職した)が増えるにつれて、出入りする一般市民が増えたということなのかな、と勝手に想像してみた。

売っている物があまりにも日常的な物なので(つまり、お土産っぽい物はほぼない)、市場で撮った画像を保存していないのだけど、辛うじて画像があるのは・・・

縫製の良い7分丈パンツ。
交渉して300バーツ。

スリッポンシューズ。


ローカルな美容院で髪を切ったときの画像。
普段使いにとても便利で、チェンマイではこればかり履いている。

食べ物は昔ながらの物から流行り物まで何でもある感じ。
オットはよくアヒルの卵の茹で卵(塩卵)を買う。
服は普段着やパジャマや看護学生用の白衣などいろいろあるのだけど、タイ人はわりとインディゴ染めのTシャツなどを着ているので、そういう物を探してお土産にするのも良いかも。
↓こういうのとか。(これらは別の場所で買った)

市場の場所はスアンドーク病院の寮などの建物に囲まれた中庭のようなところ。
車やバイクで敷地に入れるが、自家用車では行ったことがないので駐車場事情はわからない。外来患者用のところに停めるのか?
ソンテウも敷地内に入れるとは思うけど、中に入るのに気が引けるならステープ通りの路地のところで下車して徒歩で。
バイクの場合は市場の近くの道路の端に路駐の列があるので、そのへんに入れる。
↓場所は違うけど、こんな感じ。

↓近辺の地図(上が東)

↓地図を拡大。(上が北)

★のところに FACULTY OF NURSING と出ているアーチのような物があり、そのへんが市場への入り口。道路から中庭は見えないけれど、人々がそちらに出入りしていると思う。
建物の屋根をくぐった先に中庭がある。


それと、月末の市場とは関係ないのだけど、平日の午後2時からやっている屋台がある。
場所はニマンヘミン通りのほうで、新しい医学部学生寮の脇。

揚げ物やシャオクワイなど、おやつのような物の屋台がいくつか並んでいる。
オットが言うには『医学部の中(隣)にあるから安全だよ』とのこと。
うーん、場所がどこであっても食べ物は安全であるべきだと思うのだけど・・・。

ガセムサトー

先日ラミン・ティーハウスについて書いたら、そちら方面にある『ガセムサトー』に妙に行きたくなった。

セムサトーというのはタイ人なら『あっ、アレね?』と思ってくれるであろう50年くらい歴史のある特徴的なお店。
私がそのお店を知ったのはオットとの会話からだったのだけど、たしか洋菓子とかクッキーの話をしていて、どういうクッキーを食べたいか、ということがきっかけたったように思う。
日本人はわりとあっさりしたものを好むけれど、オットはこってり派。

チェンマイでは私はパンやケーキを焼いて家で食べていて、親戚やご近所にもお裾分けしていたのだけど、その日本人的味付けのレシピがタイ人にとって受け入れられるものなのかありがた迷惑にあたるものなのか、聞くに聞けずに少々悩むところもあった。
最終的には個人の好み次第、ということで、姪は軽めのシフォンケーキを喜んでくれたけどオットはそれを『つまらないケーキ』だと言い、どっしりとしたパウンドケーキを好んだ。オットの2番目のお姉さんは、レーズンパンをお土産にして家に遊びに行ったら『レーズン(というより、この人は野菜や果物)が好きじゃないのよね』と言いながら早速パンを袋から出してつまみ食い。あれっ?嫌いって言いながら食べてる・・・。
そしてオットが友達の家に用事があって出掛けたとき、たまたま黒糖を使ったバナナケーキがあったので持たせた。実はまだ試作の段階で、ちょっと甘いなぁと思っていたもの。それを友達のお母さんは『日本人が作った物は甘さ控えめで美味しいね』と言っていたそうだし。
オットは卵を使ったパンを気に入っているのだけど、レシピどおりではなく砂糖増量を希望。それは砂糖2割増しが妥協点となった。

パンとかスポンジ系のものは日本のレシピよりやや甘いほうが受けが良いということがわかったのだけど、それでは焼き菓子は?
健康志向の人には甘さ控えめとかバター控えめが喜ばれるのだろうけど、一般的なタイ人にはどうなんだろう・・・と思ってオットに『美味しいクッキーで有名なお店ってあるの?』と聞いたら『ガセムサトー』だというのだ。

それにしてもガセムサトーって・・・何?

町とか地区の名前?
それともそういう場所があるの?

私が全然解らないという表情をしていたら、オットは『サトーだよ、サトー』と、ちょっと機嫌が悪くなってきた。
私は『サトーって何だろう・・・』と思ったけれど、その日はオットは仕事に行かなくてはならず、時間も迫ってきていたので無駄にイライラさせるわけにもいかないので『うん、わかった・・・ガセムサトーね』と言ってオットが描いた地図を確認した。

するとそこには『KASEM STORE』の文字が!
タイ人が STORE を発音するとストア(ストー)ではなくて『サトー』になるのだ。
こんなことなら最初からアルファベットで書いてもらえば良かった・・・。

で、その日はガセムサトーにクッキーを買いに行くことにした。

Kasem Store Ltd

  1. 66 53 234 986

https://maps.app.goo.gl/tTDQejsMhLuVJxTf9

そこの道路は初めて歩いて行く場所だったけれど、手前の交差点は知っているところだったのでガセムサトーを見逃さないように注意して歩いていたら・・・
見付けたけど、半分閉まってる・・・。


中を覗いたらお店のおばあさんと大柄な西洋人が2人。
なので休業ではないようだ、と思って薄暗い店内に入ると、手前にはパンやクッキー、そして奥まで続く棚にはパスタなどの乾物やソース類が陳列されている。
オットからはクッキーセットをリクエストされていたので、お店のおばあさんに『箱に入ったクッキーセットはありますか?』と聞いてみたら、今日はないけど明日はあるわよ、というようなことを言われた。おばあさんは英語を話すのだけど、具合が悪そうだしフニャフニャ喋るのでよくわからない。
私がお店の奥の物を見に行こうとしたら、あんまり長居しないでくれ、のような雰囲気。でも奥まで行ったら冷蔵ケースがあり、乳製品などが置いてあった。
おばあさんのフニャフニャを聞いてみると、今日は本当はお店は休みなの、と言っている。自分の歯が痛いだか顎が痛いだかということで、ずっと右の頬をおさえている。でも具合が悪くて休みなのか、日曜日はもともと休みなのか、そのへんのこともフニャフニャすぎてわからなかった。

結局どうしてあの西洋人がお店に入って来られたのかがわからないのだけど、あの2人がいなかったら私もお店に入れなかったので、おばあさんには申し訳ないけどラッキー、と思ってさっさとクッキーを買って外に出た。
するとおばあさんはシャッターを閉め、本当に閉店させてしまった。

クッキーは隣のお店の壁際で撮影。

今は DANG BAKERY(デーンベーカリー)とか MINGMITR COFFEE などで焼き菓子や菓子パンや惣菜パンを売っているけれど、もしかしたら KASEM STORE がチェンマイ初の惣菜パン屋で、そこから枝分かれしたのかも・・・と思った。

サクサクザクロ

日本にもありそうでなさそうな、なさそうでありそうなタイデザートがある。
それはタプティムグロープ(ทับทิมกรอบ THAPTHIM KROP)。

ザクロに見立てたフニフニの粒がタプティムグロープ。
タプティムの直訳はルビーなのだけど、果物の話をしているときのそれは『ザクロ』。
グロープというのは(食感の)サクサクした、とか、サクッとかカリッという状態。
タプティムグロープは、くわいの実を赤く染めて、ゼラチンか何かでコーティングしたもの。本物のザクロの粒よりやや大きめ。

デザートメニューで『タプティムグロープ』と言えば、その具材とフルーツなどを削った氷とココナッツミルクを合わせたものになる。
きっとタイでは昔からある氷菓子で、珍しくもないものなのだろうから、案外そのへんにあるものなのかもしれない。
だけどタプティムグロープを食べよう!と思ったときに行きたいお店はこちら。

J-UAN

  1. 66 84 608 4848

https://maps.app.goo.gl/yNrwgVJLL3xbZ8Ru7

シードンチャイ通りに面していて、更に角地なのでわかりやすい立地。
ナイトバザール南端の信号を東に進む。

中華料理店謝桐興(Jia tong heng)の敷地がカギ形になっている

↓外観を撮ったのは雨の日の夕方だった

いちばん角に材料のケースがあって、ケースの中には蜂がいることも。
蜂がいることで、ハエなどの虫が寄ってこない。

↓ココナッツミルクがたっぷり♪︎

↓タプティムグロープとヤシの実を発掘

↓これはジャックフルーツか?それと、ココナッツの果肉

メニューには英語も書いてあるのだけど、日本人には馴染みのない単語だったりする。タプティムグロープは1から4まで(いや、5までだったかな?)種類があって、入っている具材の組み合わせが違うので、『タプティムグロープ、ナンバー1』というように1番から制覇していくもの有りかも。

あと、このお店は食事系のメニューもあって、全体的に美味しいというか、ハズレがない。炒飯や麺類などでランチをした後にタプティムグロープ、というのは南国ライフの午後の活力になる。

似ているけど違う場所

昨日(というか、投稿したときには日付が変わっていたので今日になってしまっていた)の投稿をしてからお風呂に入り、ボーッとしていたら気が付いた。

(チェンマイで)似ているけど違う場所、もうひとつあった!

それは、『グランドキャニオン』と言われている場所と『パーショー(ผาช่อ PHA CHOR)』。

グランドキャニオンというのは施設の名前にグランドキャニオンという言葉が入っているもので、GRAND CANYON WATER PARK。
ハーンドン グランド キャニオン

  1. 66 52 010 565

https://maps.app.goo.gl/iRwkyHqkjD1SVkBt9
ここは木々が生い茂っていた地域を切り開き、土や石の採掘をした結果の人工池の状態の場所。そこをレジャー施設にするというときに『グランドキャニオン』というワードを入れたようで。
しかし滝があるわけでもないし、水が循環しているわけでもなさそうだし、基本的には雨水が貯まっているだけなのではなかろうか。それとも水道水も追加しているのか・・・。
レジャーランド化させたのだから相応の安全性があるとは思う(思いたい)のだけど、そのへんはどうだか。
数年前に設備の改修が行われたことである程度は安全になったようだけれども、それまでは勝手に崖から飛び込む人がいて、事故も一定数はあったらしい。改修以降は監視員が増えたり飛び込み禁止エリアができたりして大きな事故は減っているそうだけど、その代わり入場料やルールが厳格化された。パークに入るだけなら50バーツ、〇〇をする場合は100バーツ追加、〇〇の場合は500バーツ、等々。そして飲食物の持ち込みは禁止だそうなので、そこのレストランや売店を利用することになる。

私はパークの中に入ったことはないのだけど(以前は散歩程度のことはできたようでオットの親戚が連れて行ってくれたのだけど、入場料必須になっていたので引き返した)、そこはフローティング設備があって浮島やスライダーなどで遊べるらしい。あとはジップラインとか。
でもタイではジップラインの事故は結構な頻度で起きているので私はトライしようとは思わない。
あと、ここを調べていて発見したのだけど、近くに Canyon Wake Park というものもできていた。こちらはウェイクボードとかSUP(スタンドアップパドルボード)ができる施設のようなので、ヨリミチ的にはこちらのほうが興味がある。

ちなみにマップの隅に載っている『ホシハナビレッジ』と『バーンロムサイ』は日本人が経営・運営しているところで、前者が宿泊施設、後者が子どもの保護・養育施設。
以前バーンロムサイに支援品を持って行くという友人がいたので、コバンザメのようにくっついて行ったことがある。急なことで私は寄付する物品を用意できなかったので、食事や薬代などの足しにしてもらえればと思って少々の現金をお渡ししてきた。ここも日本の養護施設と同じように、18歳(高校卒業)で退所する規則だとのこと。もともとは HIV に感染した子どもを養育する目的の施設だったのだけど、ときが経つにつれて良い薬が出てきて発症を抑えることができ、わざわざ条件を絞る必要がなくなってきたので、今では経済的な問題や、薬物や親の健康上の問題で養育できないという家庭の子どもも受け入れている。ということで、現在は子どものバックグラウンドもさまざま。

さて、それで私が GRAND CANYON WATER PARK よりもグランドキャニオン感が強いと感じたのは、チェンマイ市内から更に離れた PHA CHOR(パーチョー/パーショー)というところ。

パーチョー (メーワン国立公園)
https://maps.app.goo.gl/69g5hqShZ6BszfMe8

先のウォーターパークが市街地から車で30分くらいなのに対し、パーショーは1時間強。
距離も違えば景観も違う。・・・というか、違いすぎる。
でも方角が同じなので、間違う人はいるかもしれない。

パーショーは国立公園の一部で、遊歩道の入り口には事務所があり、削れた地面に作られた歩道は整備され、たまーに警備員もいる。
遊歩道の距離としてはそれほどでもないけれど、迂回路はないし日射しが強いし登り下りが激しいので膝や健康状態に不安がある人にはお勧めできない。むしろ『遊歩道入り口のところにある小屋で待ってて下さい』と言いたい。
それか、取り敢えず最初の急な階段を下りたら、進むか戻るか考えて下さい、という感じかな。遊歩道は一方通行で、最後はここの階段に戻って来るので。

遊歩道に進入(?!)してしまったらトイレも売店もないので、いろいろなことはその手前の場所で済ませておく必要がある。
で、水やお弁当を持って行けば遊歩道の途中にある屋根付きベンチで休憩しながら食事ができる。以前ここに行った日にはスマホで何枚も撮影したのに、なぜか動画は残っているのに画像が保存されていないという・・・。

なので、これらの画像は動画のスクリーンショットとか、人からもらった画像とか。



立ち入れるエリアは規模としては小さいが、その環境を考えると長~い遊歩道では事故が起こる確率が高くなりそう。途中で負傷したとか暑さで体調を崩したということになると救助が大変なので、あのくらいの散歩道程度の距離が妥当なところだと思う。

私は地面とか地層を飽きずに見ていられる人なので、パーショーの遊歩道は結構楽しかった。鍾乳洞の天井がないバージョンみたいな感じで。
解説によると何百万年か前はここは川だったということなのだけど、今ではこのとおりの乾燥地帯。しかも風化によって石柱状の土壁になっている。なのに周りには深い林があったり。ということは、水がまったくないわけでもなさそう。

なんとも不思議な迷路のような PHA CHOR。
体力のあるうちに、また行きたい~。

似ているものがいろいろ

チェンマイには博物館という名のものがいくつかあって、それらはわりと位置が近かったりして紛らわしい。
私は3人の王様像のあるところの博物館にしか行ったことはないし、歴史や遺跡などは苦手な分野なのでどこがお薦め、とかも言えない。
でも言えるのは、3人の王様像に隣接している博物館、チェンマイ文化芸術館の2階だったか3階だったかにあるギフトショップは立ち寄るべし、ということ。
小さめのお土産屋なのだけど、いろいろなジャンルの品物がところ狭しと置いてあり、しかも良心価格。市内のお店から仕入れる(または仕入れ先が同じ)のだろうけど、もしかしたら街中のお店よりも安い。しかも観光客が押し寄せるような場所ではないので品物がキレイだったりする。


それと、友人と郊外に出掛けたときに行った昆虫博物館。

ここはメーサーエレファントキャンプに行く途中にあるので市内からはそれなりに離れているのだけど、中に入った人いわく『すごく良かった』のだそうで。日本では考えられないような展示・・・というか、本物の虫を腕に乗せてくれたり、職員さんが実物を持って通路にいたりするそうなのだ。そして日本にいる虫でも場所が違えば大きさが違うとか色が違うとか、改めて解る展示パネルも素晴らしかったとのこと。
何故この文章が『聞いたことの報告』なのかというと、私は苦手な虫がいるので中には入らなかったのだ。こういうお国柄だからものすごーく近くで見せてくれるんだろうな、と想像していたのだけど、やはりそうだったようで。あぁ、行かなくてよかった・・・。
この昆虫博物館は小さなカフェとお土産屋が併設されていて、私はコーヒーか何かを飲みながら友人を待っていた。そのときにショップの中も見てみたのだけど、可愛らしいものがたくさんあって、思わず買ってしまいそうになった。そのときは思い留まったのだけど、今度行ったら何か買ってしまうかも。博物館の中には入らないくせに。
中に入った友人はニマンヘミン地区の昆虫博物館にも行ったことがあり、そちらは『うーん、まあまあかな・・・』という感想。

それから、チェンマイではなくチェンラーイ県の話なのだけど、こちらはアヘンに関することで経済がまわっている地域だった。
それを前国王のお母さまであるシーナカリンさまが先頭に立ってアヘン栽培からコーヒーや観葉植物などの栽培に転換させたり手仕事で収入を得られるよう支援をしたりして、今の Doi Tung の製品があるわけなのだけど、アヘンというものがどういう歴史をたどってきたのかということを展示しているのがアヘン博物館(Hall of Opium)。
ここは順路に従って進む方式で、スライドや展示を見る。その展示品も精巧だったり価値のありそうな物だったり。
そしてアヘンを悪として叩くのではなく、医療の側面も紹介したり、アヘンで身を滅ぼした人やそこから再生した人など、何事も一方的な説明ではないところも素晴らしい。
私は何度かそこを訪れたが、毎回中学生らしき団体と遭遇した。大型バスで社会科見学に来るのだと思う。

メコン川方面にもアヘン博物館というところはあるが、そちらには入ったことはない。
けど、規模も違えば展示物の状態も違うらしいので、行くかどうかは Hall of Opium を見学してから決めればよいかも。

PVアクセスランキング にほんブログ村